2017/10/26 12:35

トミー・リー・ジョーンズ、映画についての一言は「一言で語れるものであれば、誰もカメラを回してはいません」

東京国際映画祭の審査委員長のトミー・リー・ジョーンズ
東京国際映画祭の審査委員長のトミー・リー・ジョーンズ

第30回東京国際映画祭のコンペティション部門の審査委員記者会見が、10月26日にTOHOシネマズ六本木ヒルズで開催。審査委員長のトミー・リー・ジョーンズ、審査委員のマルタン・プロヴォ、レザ・ミルキャリミ、ヴィッキー・チャオ、永瀬正敏が登壇した。トミー・リー・ジョーンズは、記者から映画についての定義について聞かれると「一言で語れるものであれば、私たちは誰もカメラを回してはいません」と言い放ち、笑いを取った。

続けてトミーは「ゴダールの作品『気狂いピエロ』(65)に映画の定義が表現されているのでご参照ください」と映画を提示した。

ヴィッキー・チャオも同じく「私も同感です」と言った後で「個人的には、我々が生きている現実の世界を1つのものとして考えると、映画は全く異なる世界。クリエイターのみなさんが作り上げる世界。共感されるかどうかはわかりませんが、それが私の考え方です」とスマートに答えた。

マルタン・プロヴォも「私も1つの映画を挙げたい。若い頃に観て感銘を受けたイングマール・ベルイマン監督の『叫びとささやき』(73)です」と語った。

今日の運勢

おひつじ座

全体運

好奇心のままに動きまわろう。興味のある所に顔を出すと、ワク...もっと見る >