2017/10/27 11:47

『オトナ帝国』と『戦国大合戦』が傑作過ぎて大変だった!?中島かずきが原恵一監督に激白

左から中島かずき、原恵一監督、MCを務めたアニメ評論家・氷川竜介
左から中島かずき、原恵一監督、MCを務めたアニメ評論家・氷川竜介

10月25日より開催中の第30回東京国際映画祭。そのアニメーション特集「映画監督 原 恵一の世界」が26日よりスタートした。1日目は原監督が2002年に手掛けた『映画クレヨンしんちゃん 嵐をよぶ アッパレ!戦国大合戦』を上映。トークショーでは劇作家・脚本家の中島かずきを迎えて、監督の時代考証へのこだわり、制作にまつわる裏話が繰り広げられた。

■ “合戦前の緻密な描写”に驚愕

もともと「クレヨンしんちゃん」原作の発行元・双葉社の編集者だった中島。「『映画クレヨンしんちゃん 嵐をよぶ モーレツ!オトナ帝国の逆襲』(01)を見て“こんな傑作ができたのか!”と度肝を抜かれ、対談を申し出た」のが監督との出会い。原は「申し訳ないけど、当時は存じ上げてなくて。同じころ『オトナ帝国』を褒めてくれた樋口真嗣と3人で会ったりしました」と補足する。

その後、中島は『オトナ帝国』までのシリーズ10作品を紹介した「クレヨンしんちゃん映画大全」を編集。『戦国大合戦』の完成前に出版され、中島は「もう少し待つべきだった』と残念そうに語る。というのも「(本作が)実写の時代劇なら省くようなシーンまで描いていたのが衝撃的だった」そうで、監督の丁寧な時代考証を絶賛。「合戦前の段取りの“刈り働き”(敵の領地の作物を刈り取り、兵糧を減らす行為)まで描いた映画を見たのは初めて」と明かす。

今日の運勢

おひつじ座

全体運

家で好きなことに没頭しよう。ペットと遊べば時間を忘れそう。...もっと見る >