2017/10/28 08:00

松坂桃李は“イヤミス”が似合う!?沼田まほかる作品で悲劇の青年&不倫男を演じ分け!

『ユリゴコロ』で殺人者による手記の真相を探る亮介を演じる松坂桃李/[c]2017「ユリゴコロ」製作委員会
『ユリゴコロ』で殺人者による手記の真相を探る亮介を演じる松坂桃李/[c]2017「ユリゴコロ」製作委員会

近頃は、NHKの連続テレビ小説「わろてんか」での好演が話題になっている松坂桃李。ドラマや映画と、出演作が途切れることのない彼だが、実はこの1か月で“イヤミスの女王”と呼ばれる沼田まほかる原作の映画2本に出演。同じ原作者の作品で、正反対のキャラクターを見事に演じ分けているのだ。

■ 手記の存在が人生を狂わす、悲劇の青年に!

まず1本目は、『ユリゴコロ』(公開中)。“人の死”を心の拠り所にしている女性の人生と、彼女を巡る人々の数奇な運命を描く。本作で松坂が演じているのは、現代パートで登場する亮介。殺人者の告白文がつづられたノートを発見し、そこから物語が始まるなど、本作を語る上で重要な人物となっている。

殺人者の告白文に恐怖を感じながら、誰が何のために書いたのか真相を知りたがる亮介。その知りたいという欲求と殺人者への恐怖という相反する感情を、松坂は巧みに演じている。彼の持ち前の好青年風なイメージもあってか、どこにでもいそうな普通な青年役はピッタリ。さらに、婚約者が突然姿を消し、手記により人生を狂わせていく悲劇的な姿も妙にハマる。

今日の運勢

おひつじ座

全体運

精神的に落ち着いて過ごせる日。父親に感謝の気持ちをあらわす...もっと見る >