2017/10/29 21:18

M・スコセッシ監督も驚愕!?“時をかける”クラシック映画を未来に残すためには?

映画の未来を語るシンポジウムが、今年も開催
映画の未来を語るシンポジウムが、今年も開催

今年で14回目を数える文化庁映画週間。その締めくくりを飾るシンポジウム“―MOVIE CAMPUS―『時をかける僕らのクラシックス』”が、10月29日に千代田区・神楽座で開催。株式会社KADOKAWA代表取締役専務の井上伸一郎がモデレーターを務め、東京国立近代美術館フィルムセンター参事の岡島尚志、原田眞人監督、撮影監督の宮島正弘が登壇した。

毎年開催されているシンポジウムでは、映画文化の最新動向にフォーカスを当てたテーマを設定しており、今年のテーマは「クラシックスの新たな魅力」。近年、小津安二郎監督『浮草』(59)や、溝口健二監督『近松物語』(54)などが4Kデジタルで復元され、ヴェネチア国際映画祭、カンヌ国際映画祭などで上映、各国で魅力が再発見されている。本イベントでは、映画の現場をよく知る3人と井上の間で“文化としての映画”を未来に残すための取り組みについて議論が行われた。

自身も映画プロデューサーとして活躍する井上は「KADOKAWAが継承した旧大映作品の保存状態は比較的よいが、まだ誰も観ていないフィルムが大量にある」と明かし、1979年より長きにわたってフィルムセンターの保存、研究事業に携わってきた岡島に、映画修復の基礎知識を尋ねた。

今日の運勢

おひつじ座

全体運

家で好きなことに没頭しよう。ペットと遊べば時間を忘れそう。...もっと見る >