2017/11/02 15:00

山崎賢人と広瀬アリスが語る、原作ファンのイメージを守る役作り

『氷菓』で主演を務める山崎賢人と広瀬アリス
『氷菓』で主演を務める山崎賢人と広瀬アリス

米澤穂信の代表作<古典部>シリーズの第1作目を映画化した『氷菓』が11月3日(金)より公開される。これまでアニメや漫画など多くのメディアミックス作品が制作されている人気作に挑むに当たって心がけたことは何か、主演の山崎賢人と広瀬アリスの二人を直撃した。

「やらなくていいことならやらない。やらなければいけないことなら手短に」をモットーにする“省エネ主義”の主人公・折木奉太郎を演じた山崎。“名探偵”という位置付けのキャラクターを演じるにあたり、彼がイメージする“名探偵”を訊ねると、真っ先に「コナンですね」と、世代的に最も合致する名前を挙げた。

さらに「撮影に入る前にプロデューサーから、探偵の種類というものについて話し合った」と、役作りの基礎の部分のエピソードを明かす。自分では現場に行かず、頭の中で解決する「安楽椅子探偵」という種類に当たる奉太郎の探偵像を聞いて「探偵ものというジャンルの中にも、さらに細かいジャンルがあることが面白くて、観ている方にもそう思ってもらえるように演じた」と語る。

今日の運勢

おひつじ座

全体運

不安から暴走してしまうかも。自分がダメだと思ったら、親しい...もっと見る >