2017/11/02 10:19

アカデミー賞大本命『スリー・ビルボード』は現代アメリカを象徴する驚異的な作品!

特別招待作品として日本初上映となった『スリー・ビルボード』/[c]2017 Twentieth Century Fox
特別招待作品として日本初上映となった『スリー・ビルボード』/[c]2017 Twentieth Century Fox

9月にカナダのトロントで開催されるトロント国際映画祭の観客賞受賞作は、2008年のダニー・ボイル監督『スラムドッグ$ミリオネア』を皮切りに、9年間で3作がアカデミー最優秀作品賞に輝き、5作が作品賞にノミネートされている(残りの1作はアメリカ公開がされず、考慮資格を満たしていない)。

そしてその8作すべてが監督賞の候補にも挙がるとなれば、必然的に今年受賞したマーティン・マクドナー監督の『スリー・ビルボード』は、現地時間の来年3月4日に授賞式が行われる第90回のアカデミー賞で主役を張ることはほぼ間違いない。

11月10日の全米公開を前に、現在開催中の第30回東京国際映画祭で特別招待作品としていち早く日本にお目見えした本作は、最初から最後まで一貫してトーンを崩さない端正なシナリオと、主演を務めるフランシス・マクドーマンドの『ファーゴ』(96)を超えるほどの怪演に、脇を固める名優たちが追随。まさに2017年を代表する驚異的な一本であった。

今日の運勢

おひつじ座

全体運

家で好きなことに没頭しよう。ペットと遊べば時間を忘れそう。...もっと見る >