2017/11/03 20:42

茅野愛衣が語る、若者からオジ様まで誰もが楽しめる「Infini-T Force」の魅力とは?

人気声優の茅野愛衣が、作品の魅力を熱く語る!/[c]タツノコプロ/Infini-T Force 製作委員会
人気声優の茅野愛衣が、作品の魅力を熱く語る!/[c]タツノコプロ/Infini-T Force 製作委員会

ガッチャマン、テッカマン、ポリマー、キャシャーンといった往年のタツノコヒーローが一堂に会して活躍するTVアニメ「Infini-T Force」。2018年2月には劇場版も公開されるなど、今期筆頭の注目作のヒロイン・界堂 笑(かいどう エミ)を演じるのは声優の茅野愛衣。「キツい発言が多い今どきの女の子ですが、だからこそ可愛さも出してあげたかった」と語る茅野に、役作りや作品の魅力について語ってもらった。

ガッチャマンを始めとするタツノコヒーローたちのことは、子供の頃にCSの再放送を観て知っていたという茅野。「私にとっても馴染みのあるヒーローたちで、そんな彼らに守ってもらうヒロインを演じさせていただけるのは光栄なことと思いつつ、それがどんな気持ちなのか、演じてみるまではまったく想像もつきませんでした」と、アフレコ前の複雑な心境を振り返る。

茅野が演じるヒロイン・笑は、他人を寄せ付けない冷たい雰囲気を持つ女子高生。その第一印象は「“ウザい”とか“おっさん”とか、言葉づかいがキツくて、だからこそ彼女を嫌われ役にはしたくないなと思いました。彼女は裕福だけど独りぼっちの生活で、しかも自宅に監視カメラまで設置されているんです。これって普通の女の子が育つ環境じゃないですよね。笑が心を閉ざしていたり、自暴自棄になっていたりするのは、そういう寂しさの裏返しだと思うし、構って欲しいという父親に対するサインなのかなと感じました」と、笑のヒロイン像について分析。

今日の運勢

おひつじ座

全体運

精神的に落ち着いて過ごせる日。父親に感謝の気持ちをあらわす...もっと見る >