2017/11/04 17:09

坂本龍一、闘病中はピアノも「全然、弾けなかった」

坂本龍一、34年振りの初日舞台挨拶に登場!
坂本龍一、34年振りの初日舞台挨拶に登場!

世界的音楽家・坂本龍一に密着取材したドキュメンタリー映画『Ryuichi Sakamoto: CODA』の初日舞台挨拶が11月4日に角川シネマ有楽町で開催され、坂本とスティーブン・ノムラ・シブル監督が登壇。坂本が闘病中の様子を語った。

2012年から5年間もの長期間にわたる本人への密着取材で実現した本作。イエロー・マジック・オーケストラから映画音楽家までの変遷、社会・環境問題に意識を向けた活動、それがもたらした音楽への変化など、坂本の“すべて”が明らかとなる。坂本が初日舞台挨拶に登場するのは、俳優として出演し、映画音楽も手がけた『戦場のメリークリスマス』以来34年振りのこととなった。

シブル監督によると「“NO NUKES”のコンサート映画を作りませんかというところから、話し合いが始まった」と当初は“脱原発”をテーマとしたロック・フェスティバルの映画にする予定だったそう。「話をする中で、『密着取材にも興味がある』と伺って」と続けると、当時のことをあまり覚えていないという坂本は「こっちから言ったんだ」と驚きの表情を見せた。

今日の運勢

おひつじ座

全体運

不安から暴走してしまうかも。自分がダメだと思ったら、親しい...もっと見る >