2017/11/08 17:39

エマ・ワトソンがTwitter社CEOに“監視”される恐怖を語る!SNS社会に警鐘を鳴らす『ザ・サークル』

エマ・ワトソンが“見られている”恐怖を告白/[c]2017 IN Splitter, L.P. All Rights Reserved.
エマ・ワトソンが“見られている”恐怖を告白/[c]2017 IN Splitter, L.P. All Rights Reserved.

米作家デイヴ・エガーズにより2013年に発表された小説「ザ・サークル」はSNSによって実現する、すべてが可視化された監視社会の恐怖をブラック・ユーモアを交えて描き、ソーシャルコミュニケーションに依存する現代社会に警鐘を鳴らす内容が話題となった。皮肉にもSNSの拡散によってベストセラーとなった同書が、熾烈な映画化権争奪戦の末、ついに映画化され、いよいよ今週末11月10日(金)に公開される。

世界No.1のシェアを誇る巨大なSNS企業、サークル。憧れの企業に採用された新人のメイは、ある事件をきっかけに、カリスマ経営者のベイリーの目に留まり、サークルの開発した超小型カメラによる新サービス<シーチェンジ>のモデルケースに抜擢される。自らの生活を24時間をカメラの前に公開したメイは、瞬く間に1000万人超のフォロワーを得てアイドル的な存在になるのだが…。

主人公メイを演じるのは、日本でも大ヒットした『美女と野獣』が記憶に新しいエマ・ワトソン。サークル社のカリスマ的リーダー、ベイリーには“ハリウッドの良心”と呼ばれる大スター、トム・ハンクスが扮する。その他『スター・ウォーズ』シリーズでフィンを演じている新星ジョン・ボイエガ、『ガーディアンズ・オブ・ギャラクシー』シリーズのカレン・ギラン、名バイプレイヤーのパットン・オズワルトが脇を固めた。

今日の運勢

おひつじ座

全体運

反抗心が強くなりそう。その気持ちを自分のオリジナルなやり方...もっと見る >