2017/11/12 20:08

山田孝之「脱がないと落ち着かない」声の芝居での習慣を明かす

『ゴッホ〜最期の手紙〜』でのアフレコは、「難しかった」という山田。声の仕事においては「裸足でやる」という習慣があるそうで、「ナレーションの仕事などでもとにかく、声を録る仕事は脱がないと落ち着かない。必ず脱いでやっています」と明かす。しかし『DCスーパーヒーローズvs鷹の爪団』では「唯一、靴を脱いでいない」とも。なんでも1畳ほどの窮屈なスペースで収録が行われたため、あまりの暑さに靴ではなく上着を脱ぐことになったという。

また舞台挨拶の途中では、山田がFROGMAN監督から「舞台挨拶でいつもフラフラしている」と突っ込まれる一幕も。山田は「これだけの人に見られると落ち着かない」と舞台挨拶ではどうしてもソワソワしてしまうようだが、「無理すればできる」とビシッと背筋を伸ばした姿を披露。会場が笑いに包まれる中、「でも、そんなに嘘の姿を見せて好感度を上げることにも興味がない」と終始、嘘のないマイペースぶりを発揮していた。【取材・文/成田おり枝】

今日の運勢

おひつじ座

全体運

家で好きなことに没頭しよう。ペットと遊べば時間を忘れそう。...もっと見る >