2017/11/16 07:00

『2001年宇宙の旅』から富士山まで、ゴア元米副大統領が語る映画の魅力と日本の風景

取材後、ゴアは東京国際映画祭クロージング・セレモニーに、トミー・リー・ジョーンズらと出席
取材後、ゴアは東京国際映画祭クロージング・セレモニーに、トミー・リー・ジョーンズらと出席

地球温暖化の警鐘を鳴らし、大きな反響を巻き起こした前作から10年。その続編『不都合な真実2:放置された地球』(11月17日公開)で、引き続き「気候変動による危険に関する情報を世界に提供した」と元アメリカ合衆国副大統領アル・ゴア。10年間で世界は何が変わったのか。何が変わっていないのか。終わりのない闘いを続けるゴアが、“映画”に対する思いや、自身のバイタリティの源を語る。

■ 鑑賞体験をリアルに共有できるのが映画の強み

世界中でゴアが行っているセミナーが核となっていた前作に対し、今作は、精力的に活動を続けるゴア本人に密着。水害に見舞われた土地を視察後、急いで水浸しの靴下を脱いで講演へ向かうといった、プライベートな部分にまでカメラは入る。

「自分に決定権があったら、靴下を脱ぐなんてシーンはカットするよね。でも、よかったんじゃないかな。そもそも自分では、もっと若くてスマートで、髪も黒いと思ってるんだけど」と気さくに笑うゴア。

今日の運勢

おひつじ座

全体運

意見を押し通したくなる日。仕事面ではプラスだけど、プライベ...もっと見る >