2017/11/18 00:12

19歳でカンヌ受賞!映画界に愛される“美しきカリスマ”グザヴィエ・ドランの意外な素顔

研究熱心なドランは画面の比率なども巧みに利用し、観客に新鮮な驚きを与えてくれる/[c]2016 Tangaro – Shoot again productions – MK2 – Sons of Manual – Metafilms
研究熱心なドランは画面の比率なども巧みに利用し、観客に新鮮な驚きを与えてくれる/[c]2016 Tangaro – Shoot again productions – MK2 – Sons of Manual – Metafilms

映画界に彗星のように現れた若き天才作家…。時には、端正な容姿で荒ぶる情熱を表現する俳優として、そして、ルイ・ヴィトンの広告キャラクターとして。グザヴィエ・ドランは、新時代の先駆的カルチャーアイコンとなり絶大な支持を得るカナダ出身の“美しきカリスマ”だ。

自らが同性愛者であることを公表し、それを誇りにしてテーマとする彼の作品は、傷ついた魂を独特の世界観で表現した、心揺さぶられる傑作ぞろい。限定公開されているドキュメンタリー『グザヴィエ・ドラン バウンド・トゥ・インポッシブル』では、彼自身が熱く語るインタビューほか、映画関係者や俳優のコメント、過去作の名シーンとその誕生秘話も披露される。

■ 華やかな経歴の裏にある、人一倍の努力

ドランがカンヌ国際映画祭で高評価を得たデビュー作『マイ・マザー』(09)を撮ったのは、弱冠19歳。5作目の『Mommy/マミー』(14)は、巨匠ジャン=リュック・ゴダールと並び25歳で審査員特別賞を受賞。最新作『たかが世界の終わり』(16)ではグランプリを受賞している。

今日の運勢

おひつじ座

全体運

批判精神が旺盛。問題を解決する力は強いけれど、言葉がきつく...もっと見る >