2017/11/21 14:30

間宮祥太朗と小林勇貴監督が語る、衝撃作『全員死刑』の舞台裏

『全員死刑』の間宮祥太朗と小林勇貴監督
『全員死刑』の間宮祥太朗と小林勇貴監督

間宮祥太朗が面白い。2017年に出演した映画は、人気コミックの映画化『帝一の國』、群馬のご当地映画『劇場版 お前はまだグンマを知らない』、青春スポ根映画『トリガール!』とバラエティに富んでいる。そしてここへ来て、実際の殺人事件を扱った主演映画『全員死刑』という強烈な作品が公開されている。間宮と本作を手掛けた鬼才・小林勇貴監督を直撃した。

本作のモチーフは、福岡で実際に起きた強盗殺人死体遺棄事件。実行犯は次男だが、事件に関わった家族4人全員に死刑判決が下された。間宮が演じるのは、実行犯の次男・首塚タカノリ役。監禁、暴行、絞殺、毒殺、銃殺を扱ったヘビーな本作は、『冷たい熱帯魚』(10)、『凶悪』(13)の製作陣の下、本物の不良少年を起用した野心作『孤高の遠吠』(15)の小林監督が商業映画の監督デビューを果たした。

間宮は出演を決める前に小林監督と会って話をし「共通するのは死ぬほど映画が好きだという点で、まずそこがわかり合えると思いました」と意気投合したことを明かした。監督の事件に対する温度感や距離感にも大いに共感したという。

今日の運勢

おひつじ座

全体運

落ち着いた気分で過ごせる一日。今やっていることを振り返り、...もっと見る >