2017/11/22 12:00

ナオト・インティライミ、常に「I'm ready」でいる重要性を語る

 ナオト・インティライミが自身の旅を振り返る
ナオト・インティライミが自身の旅を振り返る

“インティライミ”という名前の由来どおり、“太陽(インティ)”のように明るく、“お祭り(ライミ)”のように楽しんで音楽を謳歌してきたアーティスト、ナオト・インティライミ。彼が原点回帰をすべく、アフリカ大陸をはじめ世界各国を旅した半年間に密着したのが、ドキュメンタリー映画『ナオト・インティライミ冒険記 旅歌ダイアリー2』(前編11月23日公開、後編2018年1月5日公開)だ。ナオト・インティライミがその旅を振り返り、改めて音楽や旅の素晴らしさを語った。

2016年、アーティストとして脚光を浴び、喜びを感じつつも、忙殺され、疲弊していったと言うナオト。「非常にありがたかったんです」と前置きをした後「でも、飽和状態でした」と告白。

「今のままではいけない」と思ったナオトは、迷いながらも旅に出ることを決意した。「半年なのか、1年なのか、2年なのか悩みました。スタッフとも話しましたが、2年行くとさすがに忘れられちゃうかなあと。とにかく行こうと思って行ってみたんです」。

今日の運勢

おひつじ座

全体運

優柔不断になりやすい今日のあなた。あわせてばかりではチャン...もっと見る >