2017/11/25 20:17

アニメ版ゴジラに“まつげ”がある理由とは?虚淵玄も苦労を吐露

虚淵玄が“ゴジラ作文”を披露する一幕も!
虚淵玄が“ゴジラ作文”を披露する一幕も!

アニメーション映画『GODZILLA -怪獣惑星-』(公開中)のクリエイターズナイトが11月25日に新宿バルト9で開催され、静野孔文監督、瀬下寛之監督、虚淵玄(ストーリー原案・脚本)、演出の吉平“Tady”直弘、片塰満則(造形監督)、森山佑樹(CGキャラクター・デザイン)が登壇。ゴジラ映画史上初のアニメーション映画をつくり上げたクリエイター陣が制作秘話を明かした。

人類なき後に2万年もの間、地球を支配してきたゴジラと、彼らと対峙する人類との戦いを描く本作。『魔法少女まどか☆マギカ』の虚淵玄がストーリー原案と脚本を担当した。

瀬下監督は「すごくいい評判が多い。もちろん、それと同じぐらいお叱りも多い。『こんなのゴジラじゃない』とおっしゃる方も当然いらっしゃる」と率直な周囲の反応を吐露。「挑戦できましたよね?」と聞くと、虚淵は「ゴジラをやること自体が挑戦でしたからね」と日本文化を象徴するアイコン、ゴジラをアニメ化する苦労を明かしていた。

今日の運勢

おひつじ座

全体運

目的が同じ仲間を集めて、グループ活動を始めてみよう。趣味の...もっと見る >