2017/11/26 17:20

井浦新「瑛太の顔を見てたら首を絞めたくなった」衝撃の撮影エピソードを明かす!

『光』公開記念舞台挨拶が開催!
『光』公開記念舞台挨拶が開催!

「まほろ駅前」シリーズで知られる直木賞作家・三浦しおんの同名小説を、同シリーズに続いて大森立嗣監督が映画化した『光』の公開記念舞台挨拶が11月26日、東京・新宿武蔵野館で開催。井浦新、瑛太、長谷川京子、橋本マナミ、大森監督が登壇した。

本作は、過去を背負った3人の男女を中心に、人間の暴力性と狂気をまざまざと描き出すヒューマンドラマ。離島に暮らしていた3人の少年少女。恋人である美花を守るために殺人を犯す信之、そしてそれを目撃した輔。その後、島は大津波にのまれ消失。それから25年が経ち、都会で暮らす信之の前に、突然にも輔が現れる。

主人公の信之を演じた井浦は「ホッとしてます」と、ついに公開を迎えたことに対しての想いを吐露し「劇中にも登場する、岡本太郎さんの言葉を借りると『この映画はべらぼうな映画だな』と思います」と、その出来栄えへの自信をあらわにした。

そんな信之を慕う輔を演じた瑛太は、この秋『リングサイド・ストーリー』と『ミックス。』が公開されるなど、出演映画が相次いだ。本作で公開ラッシュがひと段落したことに「私事ですが“登頂”できたなという気持ちでいます」と胸を撫でおろすと、井浦からは「おめでとうございます」と温かい言葉をかけられた。

今日の運勢

おひつじ座

全体運

突飛な行動をとってしまいそうな日。場をわきまえないと、変な...もっと見る >