2017/11/29 23:49

古川雄輝&藤井武美、韓国ラブストーリーの巨匠から大絶賛!

構想10年、撮影から2年半。ついに『風の色』が完成!
構想10年、撮影から2年半。ついに『風の色』が完成!

『猟奇的な彼女』(01)『僕の彼女はサイボーグ』(08)で知られるラブストーリー映画の名手クァク・ジェヨン監督が「自分史上最高のラブストーリー」と太鼓判を押す、日本が舞台の最新作『風の色』の完成披露試写会が11月29日、東京・汐留のスペースFS汐留で開催。主演を務めた古川雄輝と藤井武美、クァク・ジェヨン監督が登壇した。

本作は、2組の男女の物語が、時間を超えて繋がり合うミステリアスなラブストーリー。突然目の前から消えた恋人・ゆりの死に失意し、マジシャンを志した青年・涼が、生前の彼女の言葉にしたがって北海道へと旅立つ。そこで彼は、ゆりと瓜二つの女性・亜矢と出会うのである。

クァク監督は、新作の舞台に日本を選んだ経緯について「ゆうばり映画祭に行ったときに、北海道に惚れ込んでしまった」と明かす。そして、最初にシナリオを書いてから完成に至るまで10年の月日がかかったことに「(古川と藤井を指し)2人にお会いするために10年待っていた」と笑顔で語った。

今日の運勢

おひつじ座

全体運

メッセンジャー役を引受けると運気上昇。自分も、人からの紹介...もっと見る >