2017/12/18 23:10

メーガン・マークル、公の場での振る舞いは?専門家が分析

メーガンの振舞いは王室のルールを守れている?/写真:SPLASH/アフロ
メーガンの振舞いは王室のルールを守れている?/写真:SPLASH/アフロ

現地時間の11月27日にヘンリー王子がメーガン・マークルとの婚約を発表してからというもの、気の毒なほど世界中の注目が一気にメーガンに注がれている。

アメリカ人で女優という立場から一転、来年5月に王室のメンバーになることから、今後もかなり厳しい目が向けられることは容易に想像がつくが、これまでのメーガンの立ち居振る舞いや身なりが王室のプロトコルにふさわしいものなのか、専門家が分析している。

エチケットの専門家ウィリアム・ハンソンは「メーガンは王室の掟をかなり理解し、取り入れている部分もある」と指摘した上で、今後の注意点について大きく5点にまとめている。

1.“脚組禁止”インビクタス・ゲームを観戦中にジーンズ姿のメーガンが脚を組んでいたが、王室のメンバーは脚を組むべきではありません。キャサリン妃はその掟を心得ていて、大体は片方の膝を少し後ろに引いて両膝を付け、両足を斜めに曲げて座っています。

2.“ダメージジーンズ禁止”公の場に初めて登場した際のファッションは問題ありませんが、上記のイベントで履いていたようなダメージジーンズは、いかなる場合も避けるべきです。

今日の運勢

おひつじ座

全体運

人当たりはとてもいいが、こうと決めたら絶対やり抜く意志があ...もっと見る >