2017/12/13 16:23

阿部寛「新参者」シリーズの聖地・日本橋でのレッドカーペットに感無量!

8年間務め上げた加賀恭一郎役への想いを語った阿部寛
8年間務め上げた加賀恭一郎役への想いを語った阿部寛

東野圭吾の人気シリーズを原作にした「新参者」シリーズのフィナーレを飾る『祈りの幕が下りる時』の完成披露レッドカーペットイベントが、12月12日に作品の舞台になっている東京・日本橋で開催。主演の阿部寛を筆頭に、松嶋菜々子、溝端淳平、田中麗奈、春風亭昇太、飯豊まりえ、伊藤蘭、小日向文世、福澤克雄監督が約50mに及ぶレッドカーペットを練り歩いた。

2010年にTBS系列「日曜劇場」で放送された「新参者」は、日本橋署に異動してきた刑事・加賀恭一郎を主人公に、事件を追うミステリー要素と、事件の裏に隠された悲しいヒューマンドラマが重なり合う “泣けるミステリー”として大きな話題を集めた。その後も2度のスペシャルドラマ、2012年に公開された映画版『麒麟の翼~劇場版・新参者~』とシリーズ化され、本作がその完結編となる。

「多くの人が集まってくれて幸せな気分です」と笑顔でファンと触れ合った阿部は「加賀恭一郎という役は、僕の基盤であって、何年かに一度帰って来られる芯の部分です」と、この役柄への強い想いを述べた。そして「最後ということで、寂しい思いがある分、素晴らしい作品にしようと頑張りました」と感無量の表情を見せた。

今日の運勢

おひつじ座

全体運

プライベート運が好調。ホームパーティーを開いて仲間を招くと...もっと見る >