2017/12/16 13:13

HKT48の宮脇咲良が自らも出演する短編映画の11時間一挙上映に挑むファンに「最後まで頑張って!」

HKT48の1期生でグループ結成当初から活躍する宮脇咲良(写真中央)
HKT48の1期生でグループ結成当初から活躍する宮脇咲良(写真中央)

博多を拠点に活動するHKT48。2011年の活動スタートから6年、ついに待望の1stアルバム「092(ゼロキュウニ)」が12月27日(水)に発売される。その映像特典として企画されたのが、48人の監督が全メンバー48人それぞれのために短編を撮り下ろすという「東映 presents HKT48×48人の映画監督たち」。

4バージョンのアルバムに収録された48作品を一挙に上映するイベントが、12月15日に東京・新宿のバルト9で行われ、上映に先駆けての挨拶としてメンバーの宮脇咲良、兒玉遥、松岡はな、監督の清水崇、横浜聡子、池田千尋が登壇した。

実は本日から『スター・ウォーズ/最後のジェダイ』の公開が始まっていることもあり、最初に挨拶した清水監督は「『スター・ウォーズ』公開の日にこっちに来てくれてありがとうございます。(6月に公開された滝沢秀明主演の)『こどもつかい』の時は女性ばかりで不思議な雰囲気でしたが、(男性客ばかりの場内に)今日はそれに似てますね」と冗談交じりにコメントし場内を和ませた。

今日の運勢

おひつじ座

全体運

ちょっとしたユーモアが幸運を招くカギ。まわりの人を笑わせて...もっと見る >