2017/12/22 16:41

大谷亮平と本田翼、タブーを扱うドラマ『チェイス』に懸ける思いとは?

Amazonプライム・ビデオ『チェイス 第1章』でW主演を務めた大谷亮平と本田翼
Amazonプライム・ビデオ『チェイス 第1章』でW主演を務めた大谷亮平と本田翼

Amazonプライム・ビデオのオリジナルドラマシリーズ『チェイス 第1章』(12月22日より見放題独占配信中)で、W主演を務めた大谷亮平と本田翼にインタビュー。本作は社会のタブーに斬り込んだ野心作で、2人は未解決事件に挑む凸凹バディを演じた。

フリーのジャーナリスト・三上一樹(大谷亮平)と、BSテレビ新米AD・相沢麻衣(本田翼)が追うのは、27年前に起こった5つの幼女誘拐殺人事件だ。2人は捜査をするうちに、冤罪と同時に国家権力をも揺るがす衝撃の真実を目の当たりにする。

脚本を『海猿』や『HERO』シリーズの福田靖が手掛け、総監督を『神様のカルテ』シリーズの深川栄洋が務めた。

自らの信念の下、事件の真相を執念深く捜査していく三上について大谷は「いろんなことに動じない人。冷徹なくらい自分の目的意識に向けて突き進む人」と捉え、その人間性にとても惹かれたと言う。

「三上は元々大手の新聞社に勤めていて、そこでしがらみを感じてフリーになった人間なので、そういうところを意識して演じました。麻衣はすごく正義感が強くて情に流されやすく、少しでもこちらが油断するとそっちに引っ張られがちになるので、そうならないようにと意識しました。自分自身、絶対に曲げない部分がある三上には、男として憧れます」。

今日の運勢

おひつじ座

全体運

気のおけない仲間と過ごすと、いい刺激がありそう。未来を開く...もっと見る >