2017/12/26 12:00

“ダンディー鷹山”は何処へ!?舘ひろしがまさかの哀愁たっぷり激ダサおやじに変貌

『終わった人』のポスタービジュアル&予告編が到着!/[c]2018「終わった人」製作委員会
『終わった人』のポスタービジュアル&予告編が到着!/[c]2018「終わった人」製作委員会

“ダンディー鷹山”の異名と共に30年にわたり歩み続けた代表作「あぶない刑事」シリーズが昨年、軽やかにフィナーレを迎えた舘ひろし。歳を重ねるにつれて魅力を増してきた彼が、一転して無気力でダサい中年オヤジを演じる『終わった人』(18年6月9日公開)。

定年を迎えたにもかかわらず、趣味なし・夢なし・仕事なし。世間からは“終わった人”と思われるようになった主人公・田代壮介。挙句に、わが家にさえも居場所を失った彼は、妻と娘にからかわれ一念発起。第二の人生を始めるため、奮闘を始めるのだ。

原作は、90年代にセンセーショナルを巻き起こしたドラマ「週末婚」や、大河ドラマ「毛利元就」、NHK朝の連続テレビ小説「ひらり」や「私の青空」など、数多くの作品を手がけてきた脚本家・内館牧子のベストセラー小説。彼女の著作が映画化されるのは、舘が主演を務めた『義務と演技』(97)以来21年ぶりとなる。

メガホンをとるのは「リング」シリーズなど、Jホラー映画の旗手としてハリウッドデビューも果たした実力派、中田秀夫。過去には手塚治虫原作の『ガラスの脳』(00)や、西島秀俊主演の『ラストシーン』(02)など、ホラー以外のジャンルでもその演出力の高さを証明してきた彼が「本当に撮りたかった作品」と語る本作で、コメディ映画という新境地に挑む。

今日の運勢

おひつじ座

全体運

新しい人間関係を始めるのにいい日。社交センスもマナーもカン...もっと見る >