2017/12/30 11:57

役所広司が「言葉をしみこませて挑んだ」と語る『孤狼の血』、聖地・広島に凱旋!

還暦を迎えた役所広司が、全身全霊で挑んだ撮影を振り返る/[c]2018「孤狼の血」製作委員会
還暦を迎えた役所広司が、全身全霊で挑んだ撮影を振り返る/[c]2018「孤狼の血」製作委員会

役所広司主演の本格ハードボイルド『孤狼の血』(18年5月12日公開)。現在発表されている場面写真、特報映像などで早くも話題沸騰の本作だが、来年の公開に向け、舞台となった広島で12月27日に合同記者会見とイベントが実施された。

本作の舞台は昭和63年、暴力団対策法成立直前の広島。所轄署に配属となった日岡(松坂桃李)は、暴力団との癒着を噂される刑事・大上(役所広司)とともに、金融会社社員失踪事件の捜査を担当する。常軌を逸した大上の捜査に戸惑う日岡だが、失踪事件を発端に対立する暴力団同士の抗争が激化、次第に彼はその渦の中に巻き込まれていく…。

この日記者会見に登場したのは役所広司と、原作にないオリジナルキャラクターを演じた阿部純子、原作者の柚月裕子、白石和彌監督の4名。主演の役所は「広島・呉のみなさまにお世話になり、やっと映画が完成しました。映画が完成して初めての会見を広島でできたこと本当に幸せに思っています」と感謝を述べた。

今日の運勢

おひつじ座

全体運

人当たりはとてもいいが、こうと決めたら絶対やり抜く意志があ...もっと見る >