2017/12/30 12:03

前作超えを目指した『キングスマン:ゴールデン・サークル』。お手本は『スター・ウォーズ』だった!?

『キングスマン:ゴールデン・サークル』のマシュー・ヴォーン監督にインタビュー/[c]2017 Twentieth Century Fox Film Corporation
『キングスマン:ゴールデン・サークル』のマシュー・ヴォーン監督にインタビュー/[c]2017 Twentieth Century Fox Film Corporation

高級テーラーのスマートなスーツに身を包んだ英国紳士は、世界最強のスパイ--アクション映画『キングスマン』(14)で、世界中の映画ファンを熱狂させたマシュー・ヴォーン監督。続編『キングスマン:ゴールデン・サークル』(18年1月5日公開)は、期待値を遥かに上回る快作に仕上がっている。

続編映画を撮るのは初めてとなったマシュー・ヴォーン監督。脚本を手がけるにあたり「同じことの繰り返しはしたくない。新鮮さがほしい」と、自らハードルを高くした。目指したのは「第1作に匹敵するクオリティのもの、もしくはそれを超えるような続編。退屈でもなければ、独創性にも欠けていない作品」である。

監督はストーリーが継続されている続編が好きということで、今回の主人公を前作で一流のエージェントに成長したエグジー(タロン・エガートン)に決めた。改めて見直したのが、お気に入りの映画『スター・ウォーズ』シリーズだったという。

「エグジーがまた別の脅威と対決する物語だが、ジェームズ・ボンド風の続編にはしたくなかった。『スター・ウォーズ』のキャラクターでいえば、ルーク・スカイウォーカーが最高の例だと思う。『スター・ウォーズ 帝国の逆襲』(80)では、ヒーローがまだ本当のヒーローではないという感じがする。まだ戦いが続いているからだ。その辺を今回の続編にも当てはめようとした」 。

今日の運勢

おひつじ座

全体運

あなたの長所を生かせそうな日。好きなことに一生懸命取り組む...もっと見る >