2018/01/05 18:00

「ハルヒ」「けいおん!」『映画 聲の形』まで! 知らない人に伝えたい“京アニ”作品の魅力

「邪王真眼の使い手」を名乗る六花の中二病もさらにレベルアップ?(『映画 中二病でも恋がしたい! -Take On Me-』)/[c]虎虎/京都アニメーション/中二病でも製作委員会
「邪王真眼の使い手」を名乗る六花の中二病もさらにレベルアップ?(『映画 中二病でも恋がしたい! -Take On Me-』)/[c]虎虎/京都アニメーション/中二病でも製作委員会

中二病だった黒歴史を消そうとする少年・勇太と、中二病真っ只中の少女・六花。2人の淡い恋模様を描いた人気アニメ「中二病でも恋がしたい!」の劇場版第2作『映画 中二病でも恋がしたい! -Take On Me-』が、1月6日(土)より公開。劇場版初の完全新作、さらに高校3年生への進級を間近に控えた勇太と六花が“かけ落ち”する超展開とあって、ファンの期待は大いに高まっている。

アニメーション制作を担うのは京都アニメーション。これまでも本作のTVシリーズや劇場版第1作、そして「けいおん!」「Free!」『映画 聲の形』(16)といった数々のヒット作を世に送り出してきた制作スタジオだ。そんな“京アニ”の作品は、なぜアニメファンに愛されるのか?ここでは、観る者を惹きつける3つの要素に迫ってみようと思う。

■ セリフなしでも心情が伝わる、作画の豊かな表現力

まずは“作画”の美しさ。どの作品も高いレベルで安定しているのはもちろん、歩く、しゃべる、振り返るといった人の動きが実に自然に感じられることにも注目したい。特に「けいおん!」や「響け!ユーフォニアム」に見られる演奏場面では、楽器を操る指先や演者の表情までも繊細に描写。キャラクターの心情をセリフなしで伝える抒情的なシーンとして強い印象を残している。

今日の運勢

おひつじ座

全体運

身勝手にふるまってしまいそう。しばられたくなくても、場の調...もっと見る >