2018/01/03 22:00

今年、注目の“イヌ映画”はコレだ!

兄弟姉妹・家族ならではの複雑な関係を、独自の笑いとシリアスな視点で描いた(『犬猿』)/[c]2018『犬猿』製作委員会
兄弟姉妹・家族ならではの複雑な関係を、独自の笑いとシリアスな視点で描いた(『犬猿』)/[c]2018『犬猿』製作委員会

2018年は戌年。干支を意識するのは年賀状の準備をする年末くらい、なんて人も多いはず。ところが“犬”をキーワードに今年の公開作を探してみると、ユニークな作品が揃っていることが判明した。

■ “犬猿の仲”でも家族なんだよね…

『ばしゃ馬さんとビッグマウス』(13)『ヒメアノ~ル』(16)など、個性派で知られる吉田恵輔監督の最新作が『犬猿』(2月10日公開)だ。タイトルが意味するのは、険悪な関係を指す“犬猿の仲”のそれ。暴力的で前科者の兄と、頑ななまでに地道に生きる弟。頭はいいが太って地味な姉と、美人で胸が大きいだけが取り柄の妹。いがみ合う2組の“きょうだい”が、互いに傷つけ合いながら大切な何かを見つけるまでを描いた人間ドラマだ。必死にもがく不器用な彼らの姿に、きっと共感を覚えるはず。窪田正孝、新井浩文、江上敬子(ニッチェ)、筧美和子ほか吉田監督らしい絶妙なキャスティングも光る。

■ 日本が舞台の正真正銘“イヌ映画”

今日の運勢

おひつじ座

全体運

規則や習慣をきちんと守れば、安心して過ごせそう。目上の人を...もっと見る >