2018/01/12 17:42

故ダイアナ妃がお手本?キャサリン妃の敬意が感じられる7つのこと

故ダイアナ妃への敬意が感じられる7項目とは?/写真:SPLASH/アフロ
故ダイアナ妃への敬意が感じられる7項目とは?/写真:SPLASH/アフロ

“心の王妃”として、今でも人々から親しまれている故ダイアナ妃。ニュースサイトCheat Sheetが、キャサリン妃からの義理の母への敬意が感じられる7つの項目を紹介している。

■ 結婚式の曲

ウィリアム王子とキャサリン妃の挙式で、ウエストミンスター寺院の中を歩み進む時の伴奏に選ばれたのは、チャールズ皇太子とダイアナ妃との結婚式で使用された、チャールズ・ヒューバート・パリーが1902年に作曲した「I Was Glad」だった。

■ 特別なネックレス

ウィリアム王子を出産した時にチャールズ皇太子からプレゼントされたネックレスを、いつも身につけていたというダイアナ妃。キャサリン妃は「Merci Maman」のネックレスを所有しているが、これはジョージ王子の出産祝いとして妹のピッパが贈ったもので、ダイアナ妃がつけていたものとよく似ている。

■ 王女の名前

シャーロット王女のフルネームは「シャーロット・エリザベス・ダイアナ」。王女の祖母と曾祖母への敬意がこめられた名前だ。

今日の運勢

おひつじ座

全体運

優柔不断になりやすい今日のあなた。あわせてばかりではチャン...もっと見る >