2018/01/13 22:11

本当に女性の味方なの?セクハラ抗議に賛同した俳優陣に疑いの目

黒の衣装によって女性運動の意思が示された今年のゴールデン・グローブ賞/写真:SPLASH/アフロ
黒の衣装によって女性運動の意思が示された今年のゴールデン・グローブ賞/写真:SPLASH/アフロ

本年度のゴールデン・グローブ賞の会場は、女性運動に主役を奪われた形となった。性差別やセクハラへの抗議を表明するため、出席者の多くは黒の衣装で登場。また、セクハラ撲滅や女性の雇用環境の法的支援を目的とする団体「タイムズアップ」のバッジを付けた出席者も目立った。

もちろん女優陣だけでなく、多くの男性俳優もタイムズアップに賛同の意を示していたのだが、一部の俳優には「本当に女性の味方?」と、冷たい視線が向けられていた様だ。

デイリー・メールでやり玉に挙げられた俳優1人目は、近く第5子の父親になると報じられているヒュー・グラント。エリザベス・ハーレイと交際していた1995年、車内で娼婦と関係を持ち、現行犯逮捕された経歴の持ち主だ。

イヴ・サンローランの黒タキシードにタイムズアップのバッジをつけていたジュード・ロウも、私生活では“女性の味方”とは言い難い。シエナ・ミラーとの婚約中に、子守の女性と浮気して婚約を解消。一夜限りの相手を含めた3人の女性との間に、5人の子供がいることでも知られている。

今日の運勢

おひつじ座

全体運

体力アップのため毎日の運動を始めよう。体重が気になるならダ...もっと見る >