2018/01/14 11:45

初共演した玉木宏と新木優子が『自然なまま感情があふれ出た』と語る名シーンとは?

『悪と仮面のルール』で共演した玉木宏と新木優子
『悪と仮面のルール』で共演した玉木宏と新木優子

芥川賞作家・中村文則の同名ミステリー小説を、玉木宏と新木優子を迎えて映画化した『悪と仮面のルール』( 公開中)。玉木が扮する主人公は、絶対的な悪=“邪”になるために創られたダークヒーローだが、新木演じる美しきヒロインを守ることにしか自らの存在価値を見出せないという設定が、本作を純度の高いラブストーリーに昇華させている。

財閥・久喜家に生まれた文宏(玉木宏)は、この世に災いをもたらす“邪”になるという宿命を背負っている。ある日、父(村井國夫)から「お前は悪に呑み込まれなければいけない」と告げられた文宏は、共に育った初恋の少女・香織に危害が及ぶと知り、父を殺して失踪する。十数年後、文宏は顔を整形し、“新谷弘一”として香織に近づいていく。

玉木は原作を読み終え、初めて『悪と仮面のルール』というタイトルが腑に落ちたと言う。「難しく考えたらいかようにもなる話だけど、なにを伝えたいかということに焦点を合わせると、これは2人の恋愛物語だと思いました。文宏の原動力となっているのは、香織に対する純真な気持ちなんです」。

今日の運勢

おひつじ座

全体運

批判精神が旺盛。問題を解決する力は強いけれど、言葉がきつく...もっと見る >