2018/01/16 08:00

松坂桃李、今年最大の衝撃作『娼年』で“性の極限”に挑戦!

舞台版に続き、石田衣良の衝撃作を松坂桃李&三浦大輔のタッグで映画化!/[c]石田衣良/集英社 2017映画『娼年』製作委員会
舞台版に続き、石田衣良の衝撃作を松坂桃李&三浦大輔のタッグで映画化!/[c]石田衣良/集英社 2017映画『娼年』製作委員会

「池袋ウエストゲートパーク」など、数多くの人気作を手掛けてきた作家・石田衣良が2001年に発表し、初めて直木賞の候補になった恋愛小説を、松坂桃李主演と三浦大輔監督のタッグで映画化した『娼年』が4月6日(金)より公開。センセーショナルな特報映像が解禁された。

2016年8月に同じく松坂桃李主演&三浦大輔演出で舞台化された本作は、演劇作品では極めて異例のR-15(15歳未満の鑑賞不可)というレーティングが付けられながらも、俳優陣が性表現の限界にチャレンジする内容が大きな話題となり、全公演が発売されるやいなや即ソールドアウトされる伝説の舞台となった。

今回の映画版では舞台で表現しきれなかったリアルな性描写と繊細な心理描写を映し出し、さらに大人向けのR18+(18歳未満の鑑賞不可)作品として、原作に綴られた美しくも鮮烈な物語の奥まで入り込んでいくのだ。

バイトに明け暮れながら退屈な日々を送る大学生のリョウが、秘密の会員制クラブを経営している女性・御堂静香の誘いで娼夫となる。様々な女性と身体を重ねながら、彼女たちの心の多くに隠された欲望や傷を優しく癒していくリョウは、次第に静香に想いを寄せるようになっていく。

今日の運勢

おひつじ座

全体運

頭の回転がはやいけれど、少々毒舌気味。ツッコミは冗談が通じ...もっと見る >