2018/01/18 17:32

上川隆也&山本耕史&ブルゾンちえみが大奮闘!“声優のすごさ”を実感した瞬間を告白

上川隆也、山本耕史、ブルゾンちえみを直撃!
上川隆也、山本耕史、ブルゾンちえみを直撃!

映画『ジオストーム』(1月19日公開)の日本語吹替版声優に上川隆也、山本耕史、ブルゾンちえみが抜てきされた。「声優さんは本当にすごい!」と声の仕事の難しさを吐露する3人に、どんなことを手掛かりにアフレコに挑んだのかを直撃。上川にとって声の仕事の“師匠”と仰ぐ人までが明らかとなった。

未曽有の同時多発自然災害=”ジオストーム”の恐怖を描く本作。上川が優秀な科学者のジェイク(ジェラルド・バトラー)、山本がジェイクの弟で国務省職員のマックス(ジム・スタージェス)、ブルゾンがマックスの恋人でシークレット・サービス・エージェントのサラ(アビー・コーニッシュ)の声を担当する。

ーー日本語吹替版の声優に抜てきされた感想から教えてください。上川さんは洋画の吹替えは初挑戦。ブルゾンさんは吹替え自体が初めてのチャレンジです。

上川「とてもうれしかったのですが、対象となる役者さんがジェラルド・バトラーだと聞いて、これは生半可なことではないなと思いました。体格からしてまったくタイプの違う役者さんですから。いくつか声のお仕事をさせていただきましたが、これまでの経験とはまったく違ったアプローチが必要になると思いました」。

今日の運勢

おひつじ座

全体運

雑誌をチェックして、映画やコンサート、アート系の展覧会に出...もっと見る >