2018/01/26 19:00

“サディストな夫”を演じた戸次重幸、結婚&父になって「180度変わった」

戸次重幸「死ねないし、落ちぶれられない!」と告白
戸次重幸「死ねないし、落ちぶれられない!」と告白

演劇ユニット「TEAM NACS」のメンバーとして活躍しつつ、確かな演技力で映画、ドラマにと引っ張りだことなっている俳優・戸次重幸。文豪・谷崎潤一郎が生みだした短編作品を映画化した「谷崎潤一郎原案/TANIZAKI TRIBUTE」の1作『神と人との間』(1月27日公開)では、親友をバカにし、妻を裏切る“最低男”を体現。戸次自身「極悪人」と語る役柄をギラリとした存在感で演じている。プライベートでは2015年に結婚し、その翌年に第一子が誕生。公私ともに順風満帆の彼に、「180度、変わった」という結婚がもたらした変化を聞いた。

谷崎が佐藤春夫に自身の妻を譲ったという「細君譲渡事件」を題材にした小説をもとに、町医者の穂積、その親友で売れない漫画家の添田、熱帯魚屋で働く朝子の奇妙な三角関係を描く本作。戸次は、朝子と夫婦となりながらも、穂積と朝子が不倫するようにけしかけるサディストの男、添田を演じている。

今日の運勢

おひつじ座

全体運

落ち着いた気分で過ごせる一日。今やっていることを振り返り、...もっと見る >