2018/02/01 18:00

失神者も続出した、“人類のタブー”に迫る美少女ホラーが日本上陸!

世界を震撼させた新世代“カニバル”ホラー『RAW~少女のめざめ~』が、いよいよ公開/[c] 2016 Petit Film, Rouge International, FraKas Productions. ALL RIGHTS RESERVED.
世界を震撼させた新世代“カニバル”ホラー『RAW~少女のめざめ~』が、いよいよ公開/[c] 2016 Petit Film, Rouge International, FraKas Productions. ALL RIGHTS RESERVED.

カンヌ国際映画祭をはじめ、世界中の映画祭の話題をさらい、本国フランスや、アメリカ・イギリスでもヒットを記録した異色の青春ドラマ『RAW~少女の目覚め~』がついに日本に上陸。2月2日(金)より劇場公開される。

本作はフランス人女性監督ジュリア・デュクルノーの長編デビュー作。小顔で手足が長く、モデルばりにスタイル抜群のデュクルノー監督だが、パトリス・ルコントやフランソワ・オゾンらを輩出したフランスの名門映画スクール「ラ・フェミス」出身。そんな才色兼備を地で行く彼女がこの映画で描くのは、一人の美少女がたどる成長と究極の愛の物語だ。

厳格なベジタリアン一家で育った、16歳のジュスティーヌ(ギャランス・マリリエ)は、姉も通う全寮制の獣医科大学へ進学。親元を離れ、見知らぬ土地で不安を感じながら寮生活送っていたある日、上級生から新入生への通過儀礼として、ウザギの生の腎臓を食べることを強要される。ベジタリアンのジュスティーヌは拒否するものの、その場にいた姉にも助けてもらえず、家族のルールを破ってしまう。

今日の運勢

おひつじ座

全体運

日頃のストレスが出やすい日。今日はマッサージなどで身体を休...もっと見る >