2018/01/31 15:00

映画ファンの聖地が85年の歴史に幕…日本のメインシアター“日劇”の足跡

TOHOシネマズ 日劇のスクリーン1は国内最大の座席数を誇る映画館だ/[c]東宝株式会社
TOHOシネマズ 日劇のスクリーン1は国内最大の座席数を誇る映画館だ/[c]東宝株式会社

先月の『スター・ウォーズ/最後のジェダイ』公開時、キャラクターのコスプレをしたファンが一気に集結し、観客席が多数のライトセーバーで照らされ、拍手喝采の大盛り上がりを見せた映画館、TOHOシネマズ 日劇。“『スター・ウォーズ』の聖地”で、“『ゴジラ』の聖地”でもある同劇場では数々の大作が上映され、映画ファンに愛され続けてきたが、2月4日にその長い歴史に幕を下ろす。

■ ゴジラに襲われた“聖地”日劇

TOHOシネマズ 日劇は、戦前から85年の間、有楽町のシンボルかつ娯楽の殿堂として“日劇”の愛称で銀幕ファンに親しまれてきた歴史を持つ。1933年に映画とレビューを上映・上演する「日本劇場」としてオープン。後にミッキー・カーチス、尾藤イサオ、ザ・スパイダース、ザ・タイガースなど多くの歌手やバンドが出演した音楽イベント“日劇ウエスタンカーニバル”で有名になった。

1981年2月、再開発による建物の解体で閉館するが、1984年10月、跡地に建った有楽町センタービル(有楽町マリオン)内に再オープン。日劇の名を継ぎ館名を変えながら、34年間で多くのヒット映画を上映してきた。ちなみに1984年末に公開された『ゴジラ』では、ゴジラが有楽町マリオンに接近するシーンが登場するが、シリーズ第1作『ゴジラ』(54)でもゴジラが日本劇場を襲撃するシーンが存在していた。

今日の運勢

おひつじ座

全体運

自分の中の矛盾に葛藤しやすい日。考えすぎて疲れてしまいそう...もっと見る >