2018/02/01 11:30

松坂桃李、史上初の不気味な笑顔!沢尻エリカが「すごく怖かった」

松坂桃李と沢尻エリカの“初体験”に迫る!
松坂桃李と沢尻エリカの“初体験”に迫る!

「グランドジャンプ」で連載中の人気コミックを映画化した『不能犯』(2月1日公開)で、松坂桃李と沢尻エリカが初共演を果たした。松坂は初めてのダークヒーロー役に挑戦。沢尻にとっても刑事役は初の試みとなったが、2人は一体どのように“初体験”に挑んだのか。背筋も凍るような恐ろしいドラマが展開する内容にちなみ、彼らの意外な“怖いもの”までを聞いた。

本作は、思い込みやマインドコントロールで人を死に追いやる男・宇相吹正(松坂)と、その力が唯一効かない刑事・多田友子(沢尻)との対決の行方を描くスリラー・エンタテインメント。黒スーツに身を包み、欲深い人間たちを死へと誘う宇相吹を、美しくもゾクリとした存在感で演じた松坂は「原作のイメージに思い切り寄せようと思った」と役作りを振り返る。

常に右目を前髪で覆われている状態で撮影に臨み、「右目の視力が確実に落ちていると思います」と笑うが、とりわけこだわったのが“ニタァ”という宇相吹のトレードマークでもある不気味な笑顔。観客にとっても、松坂のこんなに不気味な笑顔を目にするのは初めてとなるはずだが、松坂自身「あんなに口角を上げたのは初めてです」と告白。「家でも鏡を見ながら、口角を上げる練習をしました。こんなに口角って上がるんだな!と思いました。人々が自分の思い通りに進んでいく瞬間を目にすると、『あなたもですか。残念ですね』と笑みがこぼれてしまう宇相吹の気持ちがわかったような気がしました」。

今日の運勢

おひつじ座

全体運

メッセンジャー役を引受けると運気上昇。自分も、人からの紹介...もっと見る >