2018/01/31 21:23

「“死”からカメラを背けたくない」白石晃士監督が明かす『不能犯』に込めた美学とは?

白石晃士監督が『不能犯』を語る!
白石晃士監督が『不能犯』を語る!

松坂桃李が思い込みや、マインドコントロールで人を死に追いやるダークヒーローを演じた話題作『不能犯』(2月1日(木)公開)。「グランドジャンプ」で連載中の人気コミックを実写化した本作は、次々と起こる変死事件を追う刑事と、立証不可能な犯罪<不能犯>を引き起こす謎多き男との攻防を描いたスリラー・エンターテインメントだ。

メガホンをとったのは、これまで『ノロイ』(05)や『オカルト』(09)などPOVホラーのパイオニアとして注目を集めてきた白石晃士監督。「いままでやったことがないタイプの作品だったので魅力を感じた」と新境地の開拓に目を輝かせた白石監督は、「主人公の具体的な背景が示されない原作だからこそ、映画ならではの要素が見出せるのではないかと思ったんです」と原作との出会いを明かした。

劇中で松坂が演じる宇相吹正というキャラクターは、徹頭徹尾ミステリアスな存在として映しだされる。「漫画だともっと人間的な部分が描写されているけど、そういった部分を排除して『人間ではないのでは?』とすら思わせるように描きたかった」と明かした白石監督は、松坂を配役した理由について「実力のある役者さんなので、仕事をしてみたかったんです」と笑顔で答えた。

今日の運勢

おひつじ座

全体運

臆病になってチャンスを逃すかも。先々のことを決めて行動する...もっと見る >