2018/02/21 07:05

名曲揃いな『グレイテスト・ショーマン』のナンバーを解説!『ラ・ラ・ランド』コンビが本作でも本領発揮

映画のオープニングを華やかに盛り上げる「The Greatest Show」/[c]2017 Twentieth Century Fox Film Corporation
映画のオープニングを華やかに盛り上げる「The Greatest Show」/[c]2017 Twentieth Century Fox Film Corporation

ミュージカル映画というジャンルに新たなファンを取り込み、日本でも大ヒットしたことが記憶に新しい『ラ・ラ・ランド』(16)。アカデミー賞でも作曲賞や歌曲賞を受賞しただけあって、何度でも聴きたくなるミュージカルナンバーが大きな魅力だった。その『ラ・ラ・ランド』で音楽を担当したベンジ・パセックとジャスティン・ポールのコンビが、『グレイテスト・ショーマン』(公開中)で、またしてもヘビーローテーションしたくなる名曲たちを誕生させた。

■ 音楽担当者たちが明かす楽曲の制作秘話

観客を一気にミュージカルの世界に引き込むオープニング曲が「The Greatest Show」。「主人公のP.T.バーナムがステージに登場する瞬間を待っているような感覚を込めた」とポールが語るように、ビートの効いた曲調で観客のテンションを一気に上げる“つかみ”は完璧だ。

続くナンバー「A Million Dreams」に乗せて、貧しい家庭に生まれたバーナムの子ども時代から、大人になり幼なじみのチャリティ(ミシェル・ウィリアムズ)と結ばれるまでが駆け抜けるように描かれる。パセックによると「自分が評価されていないと思っている青年が、どうやって自分の希望を表現するか。それを子どもらしい純真さも込めて曲にした」とのこと。美しすぎるメロディと共に、のちに伝説の興行主に成長するバーナムの原点がわかり、早くもテンションは最高潮に!

今日の運勢

おひつじ座

全体運

自分の中の矛盾に葛藤しやすい日。考えすぎて疲れてしまいそう...もっと見る >