2018/02/12 05:57

足フェチ映画でヒロインを演じた片山萌美、やっぱりその足はスゴかった!

思わず見惚れてしまうような見事な美脚で富美子を演じた片山萌美
思わず見惚れてしまうような見事な美脚で富美子を演じた片山萌美

文豪・谷崎潤一郎の短編を映画化した『富美子の足』(公開中)でヒロイン、富美子を演じた片山萌美。ついついGカップの美乳に目が行ってしまうが、本作では男性陣ならノックアウト必至の“美脚”を披露。足フェチならずとも惚れ惚れしてしまう魔性の“足”を持つ彼女の本音を聞いた。

■ 足のせいで人を狂わせる役なのに本当に私でいいのって?

富美子は、富豪で足フェチの老人・塚越(でんでん)の愛人で“全財産を譲ってもいい”と言わしめるほどの美脚の持ち主。「足がキレイすぎて人を狂わせていくという話なので、本当に私でいいのかなと思いました」と本人は恐縮するものの、170cmという長身にスラリと伸びた足は塚越だけでなく、誰もが足フェチになってしまいそうな見事なもの。

「結構、アザもあるし、ケガをすることもよくあるので…」とこれまでは足のケアに無頓着だったとか。「でも、ボディクリームを塗るようになったし、塚越や甥の野田(淵上泰史)に足を舐められるシーンの撮影の前にはお風呂に入って、無添加で口に入れても大丈夫そうな石鹸で洗い、できるかぎり足を地面につけないように撮影現場まで行ってました(笑)」と本作への出演を機に足を大切にしようと思うようになったという。

今日の運勢

おひつじ座

全体運

突飛な行動をとってしまいそうな日。場をわきまえないと、変な...もっと見る >