2018/02/16 02:18

ウェス・アンダーソンが黒澤明や宮崎駿から得たイマジネーションを語る!第68回ベルリン国際映画祭がスタート

壇上でにこやかな笑顔を見せるウェス・アンダーソン監督/撮影/DYSK
壇上でにこやかな笑顔を見せるウェス・アンダーソン監督/撮影/DYSK

現地時間15日、第68回ベルリン国際映画祭でアニメーション史上初のオープニングを飾る『犬ヶ島』(5月公開)より、ウェス・アンダーソン監督を始め、キャストが勢ぞろいして会見を行った。かねてより、日本が舞台になっていること、RADWIMPSの野田洋次郎や夏木マリら、日本人キャストがボイスキャストとして参加していることも話題のストップモーション・アニメーションだ。

壇上にはビル・マーレイ、ブライアン・クランストン、ランキン・こうゆう、野村訓市、ジェイソン・シュワルツマン、ローマン・コッポラ、グレタ・ガーウィグ、ボブ・バラバン、ジェフ・ゴールドブラムと、ボイスキャストを務めた名優がずらりと登壇。200人を超える記者陣が詰めかけ、最前列に着席したティルダ・スウィントン、野田洋次郎、夏木マリにも多くのフラッシュが注がれた。

会場から「日本のアニメーションからの影響は?」と質問が飛ぶと、「アニメということはそんなに意識していないけれど、黒澤明監督と宮崎駿監督からインスピレーションを受けた映画だよ。宮崎作品に流れる静けさやリズムは、アメリカの映画にはないもの」と監督。黒澤映画からはもっとも影響を受けたそうで、「僕たちは黒澤映画が大好きだからね」と語った。

今日の運勢

おひつじ座

全体運

素晴らしくカンがいい日。自分を信じて直感で行動しよう。なぜ...もっと見る >