2018/02/23 19:00

これを知れば『空海―KU-KAI― 美しき王妃の謎』がもっと楽しめる!人物事典・楊貴妃編

映画における最重要人物である楊貴妃。彼女は空海が唐を訪れた時代より約50年前にその生涯を閉じたが…/[c]2017 New Classics Media,Kadokawa Corporation,Emperor Motion Pictures,Shengkai Film
映画における最重要人物である楊貴妃。彼女は空海が唐を訪れた時代より約50年前にその生涯を閉じたが…/[c]2017 New Classics Media,Kadokawa Corporation,Emperor Motion Pictures,Shengkai Film

『空海―KU-KAI― 美しき王妃の謎』(2月24日公開)において、文字通りストーリーの核心たる“謎”を抱えた最重要人物が楊貴妃である。唐の九代皇帝・玄宗を虜にした“美しき王妃”とは、いかなる女性だったのだろう?

■ もともと楊貴妃は皇帝の息子の妃だった

紀元前より乱世を繰り返してきた中国史において、春秋時代の西施、前漢の王昭君、後漢の貂蝉と共に“中国四大美人”に数えられる楊貴妃。719年に生まれ美しさで評判を呼んだ彼女は、16歳の時に玄宗の息子の妃として長安に迎え入れられた。ところが玄宗もその美しさに心奪われ、740年に彼女は玄宗の貴妃として寵愛を一身に集めることとなる。ちなみに楊貴妃の貴妃とは王妃の称号的な意味合いであった。

もともと玄宗の治世は“開元の治”と称され、唐が最も華やかな時代であった。だが楊貴妃を寵愛する余り玄宗は政治への関心を失い、楊貴妃の親族を厚遇するなど臣下から反感を抱かれていく。

今日の運勢

おひつじ座

全体運

やや身動きがとりにくい日。腰は重いのに、理屈ばかり並べてい...もっと見る >