2018/02/17 05:00

香取慎吾「歌いたい」とホンネ吐露!主演映画で“歌を喰われた”本人役

香取慎吾、歌に対する本音を語る!
香取慎吾、歌に対する本音を語る!

稲垣吾郎、草なぎ剛、香取慎吾らが出演する4つの短編で構成されたオムニバス映画『クソ野郎と美しき世界』(4月6日公開)。香取が主演する『慎吾ちゃんと歌喰いの巻』では、香取が“歌えなくなったアーティスト”として本人役を演じるとのこと。一体、どんな物語が展開するのか気になって仕方がない。本作の一端を探るべく、撮影現場に潜入。“慎吾の部屋”と名付けられたセットで目にしたのは、自らの描いた絵に囲まれて「この役はほぼ僕」とリラックスした笑顔を見せる香取だ。脚本の印象をはじめ「歌というのは僕にとって、ついてまわるもの」「歌いたい」と歌に対する本音までを語ってくれた。

山内ケンジが監督・脚本を務める『慎吾ちゃんと歌喰いの巻』は、歌を食べて生きる少女“歌喰い”(中島セナ)と、彼女に歌を食べられたアーティスト・香取慎吾の不思議な関係をつづる物語。主な舞台となるのは、“慎吾の部屋”。足を踏み入れるや、所狭しと飾られた大小さまざまな絵に圧倒される。これはすべて、画家としても活躍する香取が描いたもの。

今日の運勢

おひつじ座

全体運

身勝手にふるまってしまいそう。しばられたくなくても、場の調...もっと見る >