2018/02/23 18:00

アカデミー賞最有力!ギレルモ・デル・トロらが語る『シェイプ・オブ・ウォーター』の現代性とは?

『シェイプ・オブ・ウォーター』から特別映像が到着!/[c]2017 Twentieth Century Fox
『シェイプ・オブ・ウォーター』から特別映像が到着!/[c]2017 Twentieth Century Fox

歴史的な混戦と謳われている第90回アカデミー賞で最多となる13部門にノミネートされ、作品賞や監督賞など主要部門の最有力候補として注目を集めている『シェイプ・オブ・ウォーター』(3月1日公開)から、ギレルモ・デル・トロ監督とキャストのコメントが収録された特別映像が到着した。

本作で描かれるのは冷戦時代のアメリカを舞台にした種を超えた愛の物語。政府の極秘研究所で清掃員として働くイライザは、ある日研究目的で運ばれてきた不思議な生き物と出会い、急速に惹かれ合っていく。そして彼女は隣人や同僚の手を借りながら、その不思議な生き物を救い出そうとする。

映像の中でデル・トロ監督は作中の舞台である冷戦期について「みんなが最先端を目指していたと同時に、同時に古いものからの影響も受け続けている」と明かし、その時代を忠実に再現したことに自信の表情。

また主人公イライザを演じるサリー・ホーキンスをはじめ、ホフステトラー博士を演じるマイケル・スタールバーグらが口々に「現代に必要な作品」と語るように、およそ半世紀前の物語でありながら随所に現代に通じるテーマ性が垣間見える本作。

今日の運勢

おひつじ座

全体運

インスピレーションを大切に。理由がなくてもピンときたことに...もっと見る >