2018/02/22 16:30

染谷将太「ホアン・シュアンと深い友情が生まれた」“空海&白楽天”バディの魅力とは?

染谷将太、チェン・カイコー監督の現場を語る!
染谷将太、チェン・カイコー監督の現場を語る!

『さらば、わが愛 覇王別姫』(93)や『始皇帝暗殺』(98)などで知られるチェン・カイコー監督が、夢枕獏による原作を日中合作で映画化した『空海―KU-KAI― 美しき王妃の謎』(2月24日公開)。主人公の空海役には、若手実力派の筆頭である俳優・染谷将太が抜てきされた。世界的巨匠とのタッグで挑んだビッグプロジェクトはどんな経験になったのか。

本作は、若き僧侶・空海(染谷)と中国が生んだ稀代の詩人・白楽天(ホアン・シュアン)が、王朝を震撼させる怪事件の謎を追う姿を描くエンタテインメント大作。物語の舞台となる長安の都を再現するために、約6年もの歳月を費やして東京ドーム8個分にも及ぶセットが作られるなどカイコー監督がこだわり抜き、圧倒的なスケールとともに描く歴史絵巻だ。

染谷も「360度、どこを見渡しても長安の街が広がっていました」とその壮大さに感嘆。超ビッグプロジェクトの主演に抜てきとなり「このプロジェクトをまっとうしなければという、強い責任を感じました」と覚悟して挑んだという。

今日の運勢

おひつじ座

全体運

人づきあいがキーとなる日。この人と思ったら、わかりあえるま...もっと見る >