2018/02/25 13:07

『犬ヶ島』が銀熊賞を受賞!女性監督が活躍も目立った第68回ベルリン映画祭受賞結果まとめ

ウェス・アンダーソン監督の代理でトロフィーを受け取ったビル・マーレイ(『犬ヶ島』)/[c]Richard Hübner/Berlinale 2018
ウェス・アンダーソン監督の代理でトロフィーを受け取ったビル・マーレイ(『犬ヶ島』)/[c]Richard Hübner/Berlinale 2018

現地時間24日、第68回ベルリン国際映画祭コンペティション部門の受賞結果が発表された。監督賞に輝いたのはウェス・アンダーソンの『犬ヶ島』(日本5月公開)。日本を舞台にしたストップモーション・アニメーションで、ボイスキャストとして参加したRADWIMPS・野田洋次郎や夏木マリがレッドカーペットを歩いたことも話題に。この日は監督の代理としてビル・マーレイがトロフィーを受け取り、「この映画はウェスの日本映画に対する敬意を表した映画であるという点が重要なんだ」とスピーチ。「まさか俳優としてイヌを演じ、クマ(のトロフィー)を連れて帰ることになるとは思わなかったよ」と笑いを誘った。

ウェス・アンダーソンにとっては、本作と同様にFOXサーチライト・ピクチャーズが手掛けた前作『グランド・ブダペスト・ホテル』でも銀熊賞(審査員グランプリ)を受賞。2作連続の快挙となった。

■ 女性監督たちの挑戦作が金熊賞&銀熊賞に!

今日の運勢

おひつじ座

全体運

お誘いが多く人気者になれる日。美的センスも冴えるので、華や...もっと見る >