2018/02/25 21:47

岡田麿里の初監督作『さよ朝』公開!舞台挨拶で明かされた制作秘話とは?

左から堀川憲司プロデューサー、rionos、入野自由、石見舞菜香、梶裕貴、岡田麿里監督
左から堀川憲司プロデューサー、rionos、入野自由、石見舞菜香、梶裕貴、岡田麿里監督

『劇場版 あの日見た花の名前を僕達はまだ知らない。』(13)『心が叫びたがってるんだ。』(15)などの脚本家・岡田麿里の初監督作品『さよならの朝に約束の花をかざろう』。公開初日の2月24日(土)に新宿バルト9にて舞台挨拶が行われ、岡田をはじめ声優の石見舞菜香、入野自由、梶裕貴、主題歌を担当したrionos(リオノス)、プロデューサーの堀川憲司が登壇。本作への思いや制作秘話が語られた。

■ アフレコ前から声優陣が台本に心震える

公開初日を迎え、監督は「企画が始まって5年。制作が始まって3年。TVシリーズと違い見て下さった人の反応がわからないので、制作中は正しい方向に進んでいるのか不安でした」と話し出す。だが「こうしてたくさんの方に見ていただきうれしいです」と感慨深げに挨拶。

主人公マキアを演じた石見が「初めて台本をいただいた時から、早く大勢の人に見ていただきたいと思っていました」と緊張した様子で続け、『あの花』で主演した入野も「台本を読んで感動のあまり、メールで監督に『素敵な作品になりますね!』って伝えました」と、シナリオ段階からキャストの期待が高かったことが窺い知れる。

今日の運勢

おひつじ座

全体運

自分の中の矛盾に葛藤しやすい日。考えすぎて疲れてしまいそう...もっと見る >