2018/02/27 07:05

キーパーソンは阿部寛!『空海』など映画動員上位4位以内に出演作が2作ランクイン

『空海―KU-KAI― 美しき王妃の謎』は土日2日間で22万9000人の動員を記録/[c]2017 New Classics Media, Kadokawa Corporation, Emperor Motion Pictures, Shengkai Film
『空海―KU-KAI― 美しき王妃の謎』は土日2日間で22万9000人の動員を記録/[c]2017 New Classics Media, Kadokawa Corporation, Emperor Motion Pictures, Shengkai Film

25日に平昌五輪が閉幕し、多くの方がテレビの前に釘付けになっていたと思うが、そんななか、映画館もにぎわいを見せていたようだ。2月最終週、遂に公開となった日中共同製作の話題作『空海―KU-KAI― 美しき王妃の謎』が2位と好スタートを切った。

■ 日中豪華布陣の『空海~』が好発進

土日2日間で、動員22万9000人、興収2億8300万円を記録した本作は、若き日の天才僧侶・空海と詩人の白楽天が怪事件の謎に迫っていくエンターテイメント大作。歴史上の人物も多数登場するファンタジー色の強い物語を中国の巨匠、チェン・カイコーがダイナミックな映像でつづっている。

同作で怪事件の鍵を握る人物、阿倍仲麻呂を演じた阿部寛は、主演作の『祈りの幕が下りる時』が公開5週目も4位と好位をキープ。3月10日(土)から公開の『北の桜守』では主演の吉永小百合の夫を演じていて、このまま2本が好調なら、トップ10に出演作が3本同時にランクインするかもしれない。

今日の運勢

おひつじ座

全体運

やる気と根性がある日。何事も逃げずに、正面から立ち向かうと...もっと見る >