2018/02/28 08:00

アカデミー賞に突き刺さった初恋の痛み…『君の名前で僕を呼んで』日本オリジナル予告に酔う

『君の名前で僕を呼んで』の日本オリジナル予告が完成!/[c]Frenesy, La Cinefacture
『君の名前で僕を呼んで』の日本オリジナル予告が完成!/[c]Frenesy, La Cinefacture

第90回アカデミー賞で作品賞をはじめ4部門にノミネートされている『君の名前で僕を呼んで』(4月27日公開)。80年代の北イタリアの避暑地を舞台に、17歳の少年と24歳の青年の淡く切ない恋の痛みと喜びを描いた本作から、日本オリジナルの予告編が解禁された。

昨年のサンダンス国際映画祭でお披露目され注目を集めてから約1年。現在までに世界中の映画賞で64部門に輝き、217ノミネートを獲得。11月に全米公開が始まると、決して大きくない公開規模でありながら、入れ替わりの激しい興行収入ランキングで3か月間にわたりランクインし、勢いが衰えないままアカデミー賞まで駒を進めた。

本作の注目すべきポイントは、舞台となる北イタリアの風景と、名匠ジェームズ・アイヴォリーが執筆したみずみずしい脚本、そして実力派キャストたちが織りなすアンサンブルに他ならない。

アカデミー賞では主人公エリオを演じた新星ティモシー・シャラメが、強力なベテラン俳優がひしめき合う主演男優賞にノミネートされ、受賞の可能性も充分と噂されている。またこれまで監督賞で3度ノミネートされているアイヴォリーは初めて脚色賞にノミネート。史上最高齢での受賞が期待されている。

今日の運勢

おひつじ座

全体運

身勝手にふるまってしまいそう。しばられたくなくても、場の調...もっと見る >