2018/03/07 14:40

6位発進の『シェイプ・オブ・ウォーター』、アカデミー賞作品賞受賞を受けて迎える今週末の結果はいかに?

星野源が歌う『映画ドラえもん のび太の宝島』の主題歌「ドラえもん」も観客に大好評!/[c]藤子プロ・小学館・テレビ朝日・シンエイ・ADK 2018
星野源が歌う『映画ドラえもん のび太の宝島』の主題歌「ドラえもん」も観客に大好評!/[c]藤子プロ・小学館・テレビ朝日・シンエイ・ADK 2018

3月3・4日の映画動員ランキングでは、新作6本がランクイン。そのなかで、土日2日間の動員71万7000人、興収8億4300万円という圧倒的な強さを見せた『映画ドラえもん のび太の宝島』が、初登場1位を獲得した。

長編劇場版シリーズ38作目となる本作は、脚本を『君の名は。』(16)や『打ち上げ花火、下から見るか?横から見るか?』(17)を手掛けた映画プロデューサーの川村元気が担当。大泉洋や長澤まさみらがゲスト声優を務め、主題歌と挿入歌を星野源が書き下ろした。06年から始まる新シリーズで最高興収の記録を打ち立てた、昨年の『映画ドラえもん のび太の南極カチコチ大冒険』(17)を上回る好スタートを切った。

海外ですでに爆発的なヒットを飛ばしている『ブラックパンサー』は、土日2日間で動員19万9000人、興収3億1000万円をあげ、2位に初登場。アフリカにあるとされる超文明国家ワカンダの若き国王が、漆黒のスーツを身にまとったヒーロー”ブラックパンサー”となり、国の秘密を狙う敵と戦う姿を描く。4月27日(金)に公開されるマーベル・シネマティック・ユニバースの集大成『アベンジャーズ/インフィニティ・ウォー』につながる重要作でもあり、多くの観客が期待を胸にして映画館に足を運んだと思われる。

今日の運勢

おひつじ座

全体運

人を説得するパワーがある今日のあなた。遠慮せず自分を表現す...もっと見る >