2018/03/15 16:30

話題沸騰!ドラマ「ハンドメイズ・テイル」5つの注目ポイントとは?

話題のドラマの見どころをチェック!/写真:SPLASH/アフロ
話題のドラマの見どころをチェック!/写真:SPLASH/アフロ

日本でも今年2月28日にHuluで配信が開始された話題のドラマ「ハンドメイズ・テイル/侍女の物語」。物語の舞台は環境汚染によって少子化が深刻化した宗教主義国ギレアド共和国で、子作りのために上層階級の司令官に仕える性奴隷の侍女オブフレッドの人生を描いている。

1985年に発表されたマーガレット・アトウッドの小説「侍女の物語」がベースになっており、2017年のエミー賞と、2018年のゴールデン・グローブ賞でドラマ部門の作品賞を獲得し、観客のみならず評論家からも高い評価を受ける作品だ。

ユートピア(理想郷)の対義である“ディストピア”というジャンルの作品で、一歩間違えれば現実にも起こりえる暗黒の世界を描いている。そんな「ハンドメイズ・テイル/侍女の物語」の注目点5つをご紹介しよう。

■ ①ドラマの焦点は“ジェンダー”(性差)

原作「侍女の物語」では、男女差別と人種差別が悪化した世界が描かれており、有色人種は隔離された地域に強制収容されてしまったという設定だ。そのためキャラクターはほぼ全員白人で構成されている。しかし「ハンドメイズ・テイル/侍女の物語」のクリエイターであるブルース・ミラーは、ドラマを全員白人キャストで構成する事に抵抗があったそうだ。

今日の運勢

おひつじ座

全体運

落ち着いた気分で過ごせる一日。今やっていることを振り返り、...もっと見る >