2018/03/14 07:00

吉永小百合ブランド強し!120本目のメモリアル作品『北の桜守』ほか、日本映画が好調

初登場2位と吉永小百合ブランドの強さを見せつけた『北の桜守』/[c]2018「北の桜守」製作委員会
初登場2位と吉永小百合ブランドの強さを見せつけた『北の桜守』/[c]2018「北の桜守」製作委員会

3月10日・11日の映画動員ランキングは2週連続の1位となった『映画ドラえもん のび太の宝島』に加え、4作品が新たにランクインするなど、日本映画の好調ぶりが目立つ結果となった。

2位に初登場した『北の桜守』は、吉永小百合の120本目の出演作となる感動ドラマ。北の大地を舞台に母子の絆を描く物語で、土日2日間で動員18万9000人、興収2億1600万円を記録。

ちなみに、119本目の出演作『母と暮せば』(15)は初週2日間の成績が興収2億4400万円、その前作『ふしぎな岬の物語』(14)は初週3日間の成績が興収2億3400万円を記録していたように、今作でも小百合ブランドの強さを改めて実感させる結果となった。

5位に初登場した『去年の冬、きみと別れ』はEXILE/三代目J Soul Brothersの岩田剛典が主演したミステリー。こちらは土日2日間で動員12万3000人、興収1億6500万円を記録するなど、斎藤工や山本美月ら共演者の人気もさることながら、やはり“ガンちゃん”人気が大きな後押しとなったのは間違いない。

今日の運勢

おひつじ座

全体運

やる気と根性がある日。何事も逃げずに、正面から立ち向かうと...もっと見る >